忍者ブログ

尿管結石

尿管結石について、症状や治療法などを解説しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尿管結石を放置すると

尿管結石を長期間にわたって放置すると、大変危険な状態になります。
ただ尿管結石は猛烈な激痛に襲われることがほとんどなので、そのような状態で放置することはむずかしいと思われます。
しかし結石の場所が移動したり、鎮痛剤などで痛みを抑制して、激痛がなくなってしまうこともあります。
そういった激痛がなくなったからといって、結石がきちんと排出されるまでは必ず治療に励むようにしましょう。
結石が尿管に詰まって尿が逆流すると、腎盂腎炎という炎症が起こります。
腎盂腎炎になると腎臓が腫れ上がり、腎臓の皮膜が引き伸ばされて激痛が起こります。
そして結石による尿管の閉塞状態が長引くと、たまった尿により尿路が広がり水腎症となる危険があります。
どちらにしても腎臓の機能が低下してしまうのです。
また、水腎症になると痛みは治まることが多く、しかし腎臓の機能は失われていってしまうという大変な危険な状態になります。
尿管結石は結石を体内にとどめず、必ず排出させることが大切なのです。
また、結石が排出されずに長期に同じ部位に停滞してしまうと、尿管粘膜により被覆され、嵌頓結石(かんとんけっせき)と呼ばれる状態になってしまいます。
こうなってしまうと結石を尿と一緒に排出して自然と治る可能性は非常に少なくなります。
結石が排出されたからといって、食生活の改善などの予防をせずにそのまま放置すると、再発の危険も高くなります。
尿管結石は非常に再発率の高い病気なのです。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
にょうかん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R