忍者ブログ

尿管結石

尿管結石について、症状や治療法などを解説しています。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

尿管結石の症状

 尿管結石とはどういうものなのかを説明します。尿管結石とは、文字そのもの、尿管に結石が出来ることを言います。その症状を一体どのような時に私達は察すればいいのでしょうか。事前にその病気のことをよく理解していることがその症状が起こったときに一番適切な処置をすることが出来るということに繋がっていく訳です。その病気のことを知れば、起こる前に予防することも可能になります。その知識が、病気の予防にも治療にも役立って行くのです。
 尿管結石の症状はまず疝痛というものが起こると言われています。せんつうと言います。
疝痛とは腹痛です。ならば実際よくある腹痛とどのような違いがあると言うのでしょうか。おおまかに言えば実際私達がよく体験する腹痛とは耐えることの出来る腹の痛みのことをいます。しばらく我慢していればやがて痛みは静まって行くのではないでしょうか。しかし、その疝痛とは、寝ても、立ってもその痛みが沈む気配を見せることはありません。即座に救急車でもという意識が働くのではないでしょうか。
 この文字の漢字を見て頂ければそれも判るのではないでしょうか。疝痛の疝とは、仙人のことなのです。仙人ですらその痛さに苦しみ続けることによってつけられた名前なのです。痛いと言えどもやがて痛みは静まっても行くのですが、その痛みはやがてまた繰り返していきます。それは、結石が尿管に依然留まっている訳なのですから、当然と言えば当然の話しです。病気の知識を持って、すぐにこれが尿管結石なのだと理解出来ることがやはり賢い方法なのではないでしょうか。
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

プロフィール

HN:
にょうかん
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R